中国が連休明け、イギリスがEUを離脱!相場はどう動くのか?!


 

イギリスがEUを離脱しました。これからの展開に注目ですが、

ポンドの動きはしばらく上下不安定に動きそうです。

そして、中国が連休明けとなりますので

その状況を見て下落の勢いを判断したいと思います。

 

いずれにしても目線は下方向で、

どこで売っていくのかを見極めるのがポイントとなります。

 

ドル円に関しては、株価の動きを監視しながら

上が108.50円、下が107.80円の間で動いてくると想定しています。

できるだけ上に引き付けて売っていこうと思います。

 

ポンド円と豪ドル円は先週末から売りでポジションをキープしています。

ポンド円が143.10円、豪ドル円が73.30円でエントリーしていますので、

様子を見ながら売り増しをしようと思います。

ポンド円は動きが不透明なので、下を142.00円で見ています。

豪ドル円は弱い動きが継続すると見ていますので、

72円を下に抜ける勢いで判断しようと思いますが、しばらくは

ポジションキープの方針です。

 

本日の注目点は、アメリカのISM製造業景況指数の発表と

ラガルドECB総裁の発言となります。

まだまだ波乱含みですが、しばらく見守りたいところです。

 

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。

 

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

 




関連記事 :

Related Posts

Top