657777大東亜戦争(第二次世界大戦)は日本の一方的な侵略戦争だと信じ込んでいる人達が多いのですが、本当は・・・・

戦争に突入する前の流れや、最後に止めを刺してきた「ハルノート」

ハルノートについては後日、動画などをシェアしたいと思います。


マッカーサー「自衛戦争」証言

昭和26(1951)年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会で、ダグラス・マッカーサーは以下の2つの重大な発言を行なった。

1.日本の戦争は自衛戦争であった。
2.アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである。

1.「日本の戦争は自衛戦争であった」

原文と和訳は以下の通り

“There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security.”

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです。」

 

マッカーサーは実際に朝鮮戦争を戦って、ロシア(ソ連)、共産主義の脅威(明治維新以来ずっと日本が恐れていたもの)をやっと悟った。

マッカーサーは日本が戦争をせざるを得なかった理由をやっと理解できたのです。

しかし、呆れたことにこれほど重大な証言をしっかりと報じた日本の大新聞は当時も今も皆無。

NHK、民放などのテレビ局も完璧に無視している。何を恐れているのだろうか、それとも半日勢力ばかり?

報道するとまずいことになると考えていることだけは事実だろう。

東條英機は宣誓供述書で「断じて日本は侵略戦争をしたのではない。自衛戦争をしたのである」「国家自衛のために起つという事がただ一つ残された途であった。」と語ったが、それはこのマッカーサーの米議会証言録と重なるもので、最終的に東條とマッカーサーは同じ見解を披露したことになる。

 

2.「アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである」

アメリカは日本の勢力を支那大陸、満州、朝鮮から駆逐したことで自分たちの目標を達成したかに見える。

しかしその結果アメリカは過去半世紀にこの地域で日本が直面し、対処してきた問題と責任を日本に代わって引き受けなくてはならなくなっただけだ、と述べたアメリカ外交官ジョージ・ケナンと同じ後悔を述べたわけです。

フィリピンで日本に完敗したダグラス・マッカーサーは、日本に恨みを持ち、復讐心に燃えていた。

後に日本が原爆を落とされて負けて、マッカーサーがやってきたとき、彼はその恨みを晴らすべく、「日本は悪いものだ」と信じきって東京裁判を決行。

自分たちの意向を反映させた日本国憲法をつくらせて日本を骨抜きにした。

ところが朝鮮戦争が起こって事態は一変。

そのとき彼は初めて東京裁判で弁護側が言ったことがすべて本当だったのだと気づく。

そして満州にも支那に対しても、日本がやったようにやらなければならないという結論に達する。

しかし当時の大統領・トルーマンは、ソ連と戦争になることを恐れて、マッカーサーを解任してアメリカに戻した。

その後、アメリカはマッカーサーが予言したように朝鮮半島で負け始め、なんとか38度線まで押し返したところで戦争は終結する。

そしてアメリカに帰国したマッカーサーは上院の軍事外交合同委員会という最も公式の場で、日本が間違っていたのではなく、自分たちが間違っていたことを語ったのである。

マッカーサーは前年に東京裁判が誤りだったと発言している。

 

アメリカのみが悪いという訳でも、日本だけが悪いという訳でもありません。

戦争を画策した黒幕が闇に隠れたまま、今でもその罪を償っていない。

 

まずは真実を知っていくことが大切だと思います。

 

 




関連記事 :

東日本大震災・支援ネットワーク TAKE ACTION FOR JAPAN

Related Posts