ダウが下落! ラガルドECB総裁の記者会見に注目


 

昨日は、ダウが下落する影響でドル円も下方向へと向かいました。

ニューヨーク時間の手前からポンドが強く買われる展開となりましたが

その他の通貨は動きが鈍く様子見ムードが漂っていました。

明日からは中国の旧正月による連休で

中国人が世界中に移動することで、

コロナウイルスの感染拡大が懸念されています。

引き続き警戒感から下方向への動きに警戒が必要です。

本日のドル円に関しては、昨日と同様に下方向で見ていこうと思います。

109.70円を下抜けてきたら109.40円近辺での買いも検討しています。

豪ドルは、200日線を下抜けてきましたので75円を下抜けてくると見ています。

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・ダボス会議(21日~24日)

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスのEU離脱問題。

そして、ECB金融政策発表と

ラガルドECB総裁の記者会見があります。

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

#FXトレード戦略
#FX相場展望
#FX相場シナリオ




関連記事 :

Related Posts

Top