RBA政策金利と声明発表の内容は?!


 

昨日は中国が連休明けで上海市場の株価が大きく下落しました。

この影響で豪ドルとポンドが弱くなると見ていたのですが、

ポンドのみが大きく下落、豪ドルは様子見の展開となりました。

本日も目線は下方向で、

どこで売っていくのかを見極めるのがポイントとなります。

 

ドル円に関しては、株価の動きを監視しながら

上が108.80円、下が108.30円の間で動いてくると想定しています。

できるだけ上に引き付けて売っていこうと思います。

 

ポンド円と豪ドル円は先週末から売りでポジションをキープしています。

ポンド円が143.10円と142.50円で売り増ししています。(計10ロット)

豪ドル円が73.30円で売りの5ロットのポジションキープ。

ポンド円に関しては、139.40あたりまで落としてくるかもと見ています。

勢いによっては200日線の137.65円あたりまでを想定しています。

豪ドル円は73円を上限に下は71円台後半、勢いによっては続落と見ていますので

しばらくはポジションキープです。

 

また、ユーロ円に関しては、200日線の下でもみ合っていますので

下に押されてくると見ていますが個人的には様子見です。

 

本日の注目点は、RBA政策金利と声明発表となります。

まだまだ波乱含みですが、しばらく見守りたいところです。

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスとEUとの交渉内容

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。

 

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

 




関連記事 :

Related Posts

Top