「神によって選ばれた卓越した強い民族」誇りを取り戻すまでの魂の道のり

最新情報・一覧


サイトについて


現代社会は権力者が自分たちの都合の良いように作り上げた仕組みによって成り立っています。

多くの人達は、小さい頃から嘘の歴史を教え込まれ、メディアなどが流す嘘の情報に影響されながら大人になります。

そして、自分たちが学んできた事が『正しい』という前提で物事を捉えるようになります。

まずは、自分たちが教科書という狭い枠で学んできた事が真実なのかどうか?と疑問を持つこと。隠され続けている真実は?と関心を持つこと。ここから始まります。

一方的に与えられてきた情報は、与える側が意図したもの、都合の良いものでしかありません。

特に日本は白人至上主義に対して真っ向から立ち向かった国として、白人に対して再起不能にするという意図で教育の仕組みが作られています。

要するにアメリカ、イギリスなどに対しては正義のイメージを植えつけ、「日本は間違っていた」と刷り込まれてきたのです。

 


第二次世界大戦後、連合国の日本占領の最大の目的は「日本が二度と再び欧米に対して戦争を起こさないように、骨抜きにすること。」でした。

日本の敗戦が決まった1945年8月15日の翌月にまっさきにGHQ連合国総司令部がしたことは、

1、プレスコードに関する覚書
新聞などを検閲し、原爆に関する記事など発禁処分。事実を書くことすら禁じられます。

2、道徳・地理・日本の歴史の授業を停止

3、「神道指令」
国民の心のよりどころである「宗教・神話としての神道」を奪います。
神社仏閣などの全てを取り壊す案も出されましたが、これは見送られました。

つまり、これまでの歴史によって培われた信頼関係、日本神話による精神性を引き裂くことによって、近い将来、日本人が大和魂を失い、骨抜きになり、連合国の言いなりになり続けることを意図して動いていたのです。

 

世界を植民地支配し、現地民を大量虐殺してきた国はどこでしょうか?

日本ですか? ・・・・違いますよね。

イギリスをはじめとする白人国家でしょ?!

 

歴史や正義は勝者によって都合の良いように作り上げられます。

 

日本人の奪われた「誇り」を取り戻し、子供たちの輝く未来作りに繋げたいという思いでサイトを開設しました。 

 

まずは、大人が間違えた情報を子供たちに与えないよう、しっかりと真実を探求し一緒に成長し続けるという姿勢が大切だと思います。

子供たちの未来を潰さないよう、誇りをもって生きましょう。

難しいことはしなくとも、誇りある生き方を見た子供たちは誇りを受け継ぐはずです!

 

 

情報統制してきた仕組みの崩壊

インターネットが発達する以前は情報のコントロールがしやすかったため裏社会の情報が表に出ることを抑えることができていました。

しかし、秘密結社として都市伝説的な扱いをされてきたフリーメイソンが実在することが明るみに!

ロスチャイルド、を中心とする強欲な銀行家たちが世界を動かしてきた実態も明らかになってきました。

 

【ロスチャイルド系企業の一部】

タイムズ(新聞)、ロイター通信(通信社)、ABC・NBC・CBS放送(アメリカ三大ネットワーク)、ロイヤル・ダッチ・シェル(石油会社)、フィリップ・モリス(米最大のタバコメーカー)、デビアス(鉱物会社=ダイヤモンドを独占)、ネッスル(コーヒー)、ユニリーバ(食品)、ブルックボ ンド(紅茶)、コカコーラ、フランス銀行、イングランド銀行、パリ国立銀行、香港上海銀行、ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックス

【ロックフェラー系企業の一部】
ウォールストリートジャーナル(新聞)、エクソン・モービル(石油会社)、IBM、メリルリンチ(証券会社)、モルガン・スタンレー銀行、チェース・マンハッタン銀行、GE(電機)、GM(自動車)、ボーイング(航空機)、ペプシコーラ

 

・・・・日本の大手銀行、メディア、有名上場企業の株の30~40%を抑えていますので、実質的な支配が可能とされています。

 

世界という視点から見て、日本のメディアは特にひどいです・・・。

どのチャンネルに変えても同じニュースばかりで、報じ方も同じ方向からばかりでうんざりします。

大きく報じられるつまらないニュースの影に、本当に知るべき情報があります。

 

世界が神話を封印して抑え込みたかった大和魂を持つ誇り高い日本人。

これまでは、何か生きる事に違和感を感じながら過ごしていた人も多いと思います。

しかし、答えはそこにあるかも知れません。

 

大和魂(やまとだましい)は、外国と比して日本流であると考えられる精神や知恵・才覚などを指す用語・概念。

大和心。和魂。儒教や仏教などが入ってくる以前からの、日本人の本来的なものの考え方や見方を支えている精神です。

儒学や老荘思想に基づく「漢才(からざえ)」に対比して使われ、江戸後期からは日本民族特有の「正直で自由な心」の意味にもなりました。

 

最後に、「大和」という言葉を通して世界が繋がっていたと分かることがあります。

「ヤマト」は、ヘブライ語では「ヤモード」という言葉になるようです。

「ヤ」は「神」という接頭語、「モード」は「卓越した」という意味を持つ言葉で、ヤマト=「神によって選ばれた卓越した強い民族」ということになります。

我々は卓越した民族のようです!

古代から世界は繋がっているのです!

自分主体でしっかりと真実を引き寄せましょう!

一緒に学び続けることができればうれしく思います。

 




関連記事 :



Top