ナスダック指数は史上最高値を更新 / トランプ米大統領の一般教書演説


 

昨日はRBA政策金利据え置きの発表後から豪ドル円が上昇を開始しました。

そして、株価の動きも徐々に強気の上昇に。

ニューヨーク時間からは株価と為替ともに機械的に上昇を続けました。

中国政府が一段の景気刺激策を講じるとの報道により

リスクオンの動きになり、ナスダック指数は最高値を更新、

ダウ平均株価は、一時500ドル以上、値上がりしました。

 

昨日は109円に仕掛けていた売りがつかまり、109.20円でロスカット。

ポンド円は、夕方下げきれなかったのを見て141.10円で利確。

豪ドル円は73円で利確となりました。

株価が予想以上に強い上昇でしたので、当初の想定を上に抜けられました。

 

本日のドル円に関しては、株価の動きを監視しながら

上が109.60円、下が109.20円の間で動いてくると想定しています。

レンジ状態になると想定していますが、売りから入ろうと思っています。

 

ポンド円に関しては、上昇圧力が弱ってきたと見ていますので

143.30円あたりまでは買いで、そこからドテンするイメージでいます。

 

豪ドル円は74円を上限に下は73.30円と見ています。

 

いずれにしても各通貨ペアとも上げ過ぎていると思いますので

調整がどれぐらいなのかを見極めたいところです。

 

本日の注目点は、トランプ米大統領の一般教書演説となります。

まだまだ波乱含みですが、しばらく見守りたいところです。

 

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスとEUとの交渉内容

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。

 

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

 




関連記事 :

東日本大震災・支援ネットワーク TAKE ACTION FOR JAPAN

Related Posts

Top