中国がアメリカを脅迫!?「中国が医薬品の輸出を禁止にすれば・・・」


 

本日は日本では全く報じられない中国とアメリカとの間で起こっている問題について話そうと思います。

これは決して他人事ではありませんのでしっかりと考えていく必要があります。

 

コロナウイルスの感染が拡大していく中でまず何が起こったのか?

マスク不足です。

最初は中国人によるマスクの買い占めが報じられていましたが、日本もやばそうだとなってきた時には中国がマスクの輸出を禁止していました。

今まで手に入っていたものが急に手に入らなくなるんです。

 

中国は今や世界の工場とも呼ばれ、世界中の国が多くの部分で中国に依存しています。

今回のパンデミックにより、世界がやっと気付き始めたのが中国への依存は危険だという事です。

中国は何か事が起これば、人や企業関係なく全てのものを没収します。

これがどういう事かわかりますか??

この国は人の命すら平気で奪います。

 

今この国が行おうとしているのは、物を与える代わりに言う事を聞けという分かりやすい支配です。

 

アメリカに対しても攻撃を仕掛けています。

中国共産党のメディア「新華社」は「このタイミングで中国が米国に報復し、米国への渡航禁止だけでなく、医薬品の戦略的管理や米国への輸出禁止を発表すれば、米国は新たなコロナウイルスの海に落ちることになる」との記事を掲載しました。

中国報道官による「米軍関係者が武漢にウイルスを持ち込んだ」との発言も問題になっています。

 

しかし、チャイニーズウイルスと言っていたトランプ大統領が、最近コロナウイルスと言い直しているのがアメリカの現状を表していると思われます。

今最も感染スピードが加速しているのはアメリカです。

すでに医療機器や医薬品の不足が叫ばれています。

そんな中での中国の脅し。。。

 

トム・コットン上院議員は「中国共産党は自らの失敗のためにパンデミックを引き起こしたが、米国内の重要な医薬品へのアクセスを遮断すると脅かしている」と述べています。

さらに、「命を救う薬のアメリカのサプライチェーンを中国から移転する時が来た。

この世界的な緊急事態を作った責任を中国共産党に払わせなければならない」と中国を強く非難しました。

今回のウイルスは米国が中国との関係を見直す機会を与えてくれたと捉える動きが広がりつつあります。

 

私たちも真剣に考えるべきです。

決して他人事ではありません。

食料、医薬品、工業製品などどれほど多くのものを中国からの輸入に依存しているのか?

 

最後にもう一度言います。

中国はいざとなった時に全てのものを没収し、他国への輸出などはできなくします。

 

ひとりひとりが考える良い機会です。

中国依存はやめましょう!




関連記事 :

Related Posts

Top