日本とアメリカの「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダ?


今日の気になるニュースは中国が行っているプロパガンダについてです。

中国遼寧省瀋陽市にあるレストランは、アメリカと日本のコロナウイルス感染拡大について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを横断幕に掲載。

この横断幕は、印刷方法などから現地の中国共産党宣伝部が製造したものと見られています。

 

3月23日に中国国内のソーシャルサイトで公開された写真には、「米国の流行を熱烈に祝福し、小日本の疫病が順調に長く続くことを祝う」と書かれていて、レストランは、北京本部の広東料理チェーン「楊媽媽粥品専家」瀋陽市太原街の店舗とみられます。

このスローガンは、すぐに国内外からの反発を招きました。

 

こうした共産党宣伝部が作成する形式の横断幕は、掲示するのも現地政府の承認が必要で北京のメディア・新京報によると、地元市民は22日にはネット写真と同様のスローガンを目撃したと報じました。

そして、23日午後には太原街警察署が状況調査を始めたそうです。

 

この横断幕を掲げた写真は中国および海外のソーシャルサイトで話題を呼びました。

レストランの評価を付ける口コミサイトには、同店舗のスローガン掲載に対する批判が多く書き込まれました。

 

「もし良心と知恵があるならば、この人類に対する災害に対して、反人類的な行動をしていいと思えるのか」

「偏狭な民族主義だ。疫病を良いことなんて言えるはずがない。人間性はないのか」

「これで客を引き寄せられると思っているのだろうか」

「瀋陽で感染症が流行したとき、日本は多数の医療物資を送ってくれた。それなのにこんなことをするのか」

 

多くの批判を浴び、横断幕は23日午後には撤去されました。

 

中国本土で広がったコロナウイルスは、いまや全世界に拡散され、世界160カ国以上を苦しませています。

中国共産党はプロパガンダを強めて、「アメリカがウイルスを中国に持ち込んだ」などと起源をうやむやにしたり、国際支援をアピールすることで、責任追及から逃れようとしています。

 

ウォール・ストリート・ジャーナルは中国は「アジアの病人(real sick man of Asia)」と題した論説を掲載し、中国に謝罪を求められましたが、これを拒否し、中国から締め出されることになりました。

中国は害を振りまく国「害国」です。

アメリカは、3月20日に中国駐在の外交官を大量に帰国させています。

米中の貿易問題とあわせて関係悪化に拍車がかかってきました。

 

日本も中国に対してはしっかりと対応してほしいと思います。




関連記事 :

Related Posts

Top