米連邦公開市場委員会・FOMC議事要旨


昨日は各国の株価が下落する中でドル円は動きが出ず、ニューヨーク時間になってから少しだけ上に動いてきました。

本日はFOMC議事要旨が発表されるまではレンジ状態が続くと思われます。

 

ドル円に関しては、上が109.95円、下が109.70円の間で動いてくると想定しています。

本日もドル円はさわりません。

 

ポンド円に関しては、上が143.20円、下は142.40円の中での

動きを想定しています。

 

豪ドル円は73.70円を上限に下は73.00円と見ています。

ユーロ円は、上が118.80円で下は118.20円で想定しています。

 

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスとEUとの交渉内容

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。

 

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

 




関連記事 :

Related Posts

Top