FOMC金融政策発表とパウエル議長の記者会見


昨日は、東京市場、ヨーロッパ市場では想定レンジ帯を上下していましたが、

ニューヨーク時間に入ってからはダウが上昇する動きにつられて

円が売られる形となりました。

ただ上値が重いのは変わらず、

コロナウイルスの不安を払拭することはできません。

 

ドル円に関しては、株価の動きを監視しながら

上が109.30円、下が108.70円の間でレンジ状態となると想定しています。

ニューヨーク時間までは特に材料がありませんので

何もなければ上に引き付けて売っていこうと思います。

 

ポンド円は、142.50ぐらいで売っていこうと思います。

豪ドル円は、74円を軸に売り検討で行こうと思います。

 

本日の注目点は、FOMC金融政策発表と、

パウエル議長の記者会見です。

 

トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスのEU離脱問題。

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。

 

しっかりと動きを見極めて負けないトレードをしていきましょう。

 




関連記事 :

東日本大震災・支援ネットワーク TAKE ACTION FOR JAPAN

Related Posts

Top