「ありがとうございます」という言霊


arigatou角田忠信先生の研究(右脳と左脳/小学館)で、虫の音を聞いて物悲しさを感じることができるのは、ポリネシア語圏の人々と日本語圏の私たちだけだということです。

そして、現代日本語のルーツこそ、縄文時代に形成されたと言われる大和言葉です。

「ありがとう」の意味

「あ」・・・「明かり」「開ける」「新しい」など、光源・生命の本源、全ての始まりを意味しています。

「り」・・・「ら行」は、「変わる」「くるくる」など、語尾に付いて変化や活動を表しています。さらに、「り」には「い」の響きがあり、「命いのち」の活動を暗示しており、いろんな要素が組み合わさって「らせん状」に変化しながら、あらゆるものを生み出す働きを意味しています。

「が」・・・「か」は、「神」「風」「影」「可能」「輝き」など、奥深い実相とエネルギーを表しています。「が」は、「か」をダブらせていますから、「輝きに輝く」という意味で、「無限に輝いている」という意味です。

「とう」・・・数字の10は、「とう=十」と漢字で表現できます。「十字」にみて、縦横の組み合わせと見ることができます。または、「ありがたし」の「た」と「し」というふうに分けた時は、「田んぼ」の「た」が縦軸で、「清水」の「し」が横軸と表すことができます。縦横に組み合わせて一つのものを創りあげる。だから無限の光源が、出発点「あ」にあって、そこから創造活動が行われて、それが完壁に組み合わさって、大宇宙の姿をとっていると考えることができます。これが「ありがとう」の意味です。

「ございます」の意味

「ありがとう」が現象化してくる過程が、「ございます」です。

「ご」・・・「こ」をダブらせて、「凝り固まって、凝り固まって」、「物質化する」「完成へと向かう」という意味があります。

「ざ」・・・「先々」「栄る」「ささやき」など静かな時の流れを表しています。その「さ」をダブらせて「さらさら流れる」、宇宙の全てが移り変わる流れ、生命の営みなど、万物流転の法則です。それが自然に移り変わっている状態を表現しています。

「い」・・・「い」というのは「命」、生きているという意味です。単なる移り変わる「物」じゃなく、本当に生きてる「働き」、命が躍動して輝いてるという意味です。

「ま」・・・「誠」「丸い」「間に合う」「居間」など、真理・時間・空間を表しています。「完全な、完壁な、まったきもの」という、形として現われる完全な状態を意味しています。

「す」・・・「鋭い」「進む」「統べる」など、「あ」で始まった中心に「統合されて戻る」という意味になるんですね。

「ます」・・・「ま」と「す」の組み合わせの「ます」で、増えるという意味で、今現われたものが更に大きく良くなる、「増える」「栄える」という意味でもあります。

 

このように、「ありがとうございます」という言葉は、絶対的存在から生まれた無限に輝くエネルギーのようなものを、この世に現象として、物質化させ、また中心へ戻って行って行く、という「循環の法則」を起動するスイッチの意味を持っています。言いかえれば、大宇宙の働きそのものを活用できる言葉だということです。

「ありがとうございます」という一言を普段使うだけで、無から有を生み出すことができる魔法の言葉なんです。

「幸せな人生」を創造したいなら、必須の言葉です。

 




関連記事 :

東日本大震災・支援ネットワーク TAKE ACTION FOR JAPAN

Related Posts

Top