「新世界秩序(NWO)支配の方法」植民地時代から不変の「300人委員会」



 
今回は、アメリカの大統領選挙の不正疑惑に見る、水面下での戦争状態と、ディープステートの動きについて掘り下げてみようと思います。

世界を影から支配する新世界秩序(ニューワールドオーダー)の実態を暴露したレポート「300人委員会」という書籍をご存じでしょうか?

1997年にジョン・コールマン博士によって発表されたもので、ヨーロッパを中心とした300人の支配層が、様々な下部組織を通じて世界の政治と経済を操っているという告発内容となっています。

 

「世界を支配するなんてできるわけがない。オカルト好きの戯言だろう。」

とすぐに拒絶反応を示す人がいます。

しかし、300人委員会という存在が判明したことで、彼らがどのような方法で世界を支配しているのかその手口についてもわかってきたのです。

 

秘密を握る鍵は300人委員会設立の起源にありました。

300人委員会とは、17世紀にエリザベス一世によって設立された東インド会社が起源だといいます。

そして、東インド会社と大英帝国が植民地から利益を搾取するために編み出した5つの手法が、現在でも新世界秩序が世界経済を支配するやり方としてそのまま使われているのです。

 

その5つの手法とは次のようなものです。

1.低賃金で労働させ搾取する

2.マネーで支配して搾取する

3.要衝をおさえ通行税で搾取する

4.国民が働かなくなると移民を連れてきて働かせる

5.買わない国民にはいらないものを買わせて中毒にする

 

これらを順に説明すると、植民地支配ではプランテーション経営が基本です。

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 




関連記事 :

Top