「死の商人」クリントン元大統領夫妻と民主党の不正を黙認するメディア!日本で報道されない闇・・・



 
今回は、アメリカが抱える闇について取り上げようと思います。

今最も分かりやすいのがディープステートに貢献するクリントン夫妻のこれまでの動きです。

「疑惑のデパート」というワードが日本政界にもありましたが、クリントン夫妻は、アメリカでは「死の商人」と後ろ指を指されているといいます。

なぜヒラリーが2020年大統領選に出なかったのか?

その理由が透けて見えてくると思います。

では、「死の商人」クリントン元大統領夫妻の日本で報道されない数々の闇を見ていきましょう。

 

ヒラリーの不倫

ビル・クリントンとモニカ・ルインスキーの不倫事件は大々的に報じられましたが、妻ヒラリーも約20年間に及ぶ不倫をしていたのです。

お相手は、夫ビルの幼なじみビンス・フォスター弁護士。

ビルはフォスターを「背が高く、ハンサムで、賢く、善良な男」と評していました。

その後、フォスターは不審死。

 

エプスタイン島事件

大富豪エプスタインがカリブ海の孤島に、おびただしい数の美しい少女たちを誘拐して監禁。

逃げ場のない孤島で、性的虐待を繰り返していた空前のスキャンダル。

欧州から誘拐された11歳~12歳の少女たちも含まれていました。

 

世界指導者層との交友関係

エプスタインの交友リストに名を連ねるのは、クリントン家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、アンドリュー王子、ビル・ゲイツなどの支配層。

ビル・クリントンは エプスタインのプライベートジェット機に、少なくとも26回搭乗。

飛行機の愛称は「ロリータエクスプレス」。

SNSでは、ビルのあられもない姿が出回っています。

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 




関連記事 :

Top