自殺者を増やし続けるマスメディア!自殺報道による影響「ウェルテル効果」人口削減計画の一端を担うメディア



 
今回は、芸能界の自殺連鎖につけ入るメディアの動きについて話します。

マスメディアが芸能人の自殺や、いじめなどによる自殺を報じるたびに自殺者が増加しているという因果関係をご存じでしょうか?

特に若年層が影響を受けやすいとされています。

この事実に関して確かめ、証明したのが社会学者の、デイヴィッド・フィリップス氏です。

 

1974年、ニューヨークタイムズの一面に掲載された自殺と、1947年から1967年までの全米の月間自殺統計を比較することで、報道の自殺率に対する影響を証明しました。

そして、この現象をウェルテル効果と名づけました。

「ウェルテル」は、ゲーテ著の『若きウェルテルの悩み』(1774年)に由来します。

この作品の主人公、ウェルテルは最終的に自殺をするのですが、これに影響された若者達が彼と同じ方法で自殺した事象が起源とされます。

これが原因となり、いくつかの国家でこの本は発禁処分となったとされます。

フィリップス氏の調査は、

「自殺率は報道の後に上がり、その前には上がっていない。」

「自殺が大きく報道されればされるほど自殺率が上がる。」

「自殺の記事が手に入りやすい地域ほど自殺率が上がる。」などで、

これらのデータは、マスメディアの報道が自殺率へ影響を与えることの証明とされました。

 

当然、現在のマスメディアはこの事を知ったうえで活動しています。

・・・メディアがいかに自殺者を増やすための活動をしているのかが読み解けると思います。

これまでの流れを見ると、

 

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 




関連記事 :

Related Posts

Top