FXはギャンブル?・・・では、あなたの人生は?ビジネスは?


本日は、これまでに知り合ってきた人たちからよく聞かれていた「FXはギャンブルではないのか?」について話そうと思います。

一般的にギャンブルと聞くと、丁半博打や競馬、パチンコを思い浮かべる方が多いと思います。

 

多くの人達はギャンブルに対して悪いイメージを持って避けていると思うのですが、保険もギャンブルから派生しているってご存じですか?

保険の歴史は賭博から生まれた物で、「事故に遭遇するという偶然に金銭を賭けるもの」とされていました。

賭博の用語でオッズと呼ばれる物が、保険用語では「等級」と呼ばれ、病気のリスクの少ない若者のオッズは高く、年配者の場合は低い。

保険商品では「配当金」は固定のため、オッズが低いほど保険料は高くなります。

 

あと、宝くじもギャンブルですよね?!

このように悪いイメージを持って避けているようでも、じつは自分も関わっていたという事がよくあります。

 

生き方そのものがギャンブルのような人がいたり、ビジネスでもギャンブル性の高いものが多く存在します。

FXや株取引もギャンブル要素が含まれています。

 

日本では特定の株の上がり下がりを賭ける合百(ごうひゃく)という直接的な賭博も行われていました。

「FXはギャンブルではない」と言い張る人がいますが、やり方によってはギャンブルです。

オプション取引や投機などはギャンブル性が強いと思います。

単純に言うと、ハイリスクハイリターンはギャンブルです。

 

FXの場合、余裕のあるお金でしっかりとルールに沿った取引をしているならギャンブル性は弱く、投資ビジネスだと言えます。

しかし、感情的になって自分を制御できなくなったり、資金管理ができなくなったり、自分の決めたルールを守れないとギャンブル性の強いトレードになってしまいます。

このギャンブルトレードは、無意識、無自覚の場合が多く注意が必要です。

 

では、何に注意すればよいかというと・・・・

  • エントリーした後、自分が分析した動きと違う場合は潔く損切りをする。
  • 負けを取り戻そうと感情的にならない事。
  • 自分がきめたルールに従う。
  • 資金管理をしっかりとする。

 

これまでにギャンブルトレードで消えていった人の特徴で最も多いのが、自分の予想に反した動きなのに損切ができずに、途中でお祈りトレードになっているというものです。

・・・お祈りしている時点でギャンブルです!!

 

損切りの目安は、例えば1万円の利益を取りに行ってたとするなら、1万円以内で損切しないとハイリスクなトレードとなってしまいます。

損切りした後、動きが戻ってくることはありますが、それはそれで潔く損切りする習慣を身につけないと痛い目にあいますので しっかりと分析力を身に着けてエントリーするポイントを見極めるために経験を積んでください。

あと、すぐにポジションを持ちたくなる人も見かけますが、依存症になる前に対処しておかないと精神面で支障をきたすことになってしまいます。

 

このようにFXはギャンブルかどうかについては、自分のかかわり方がすべてという事になります。

ギャンブル的なトレードで大きな利益を上げている人もいれば、できるだけリスクを避けながらコツコツ利益を上げている人もいます。

まじめにやっているつもりでも、ギャンブルトレードをしている人もいます。

 

人生で例えるなら、時にはギャンブル的な行動が必要な瞬間はあると思いますので、大切なのは余裕だと思います。

余裕のある行動を心がけましょう!!




関連記事 :

Related Posts

Top