中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」米太平洋艦隊は南シナ海で「大量死傷者演習」を実施



 
今回は、大統領選を前に南シナ海での空爆を恐れる中国の動きについて取り上げます。

中共は、香港を抑え込んだ後は、台湾への軍事的圧力を強めてくると見られていますが、ニューズウィークによると、中国の習近平国家主席は10月13日、広東省で人民解放軍の精鋭部隊である海軍陸戦隊(海兵隊)を視察し、「戦争の備え」に全力を注ぐよう指示したと報じました。

 

広東省訪問計画の一環として海軍陸戦隊の視察を行った習氏は、軍幹部からブリーフィングを受けた後に演説を行い、陸戦隊は「国家の主権の安全や領土の一体性を守り、海洋権益や海外権益を守る重責を担っている」と述べ、その重要性を強調。

軍の指導部に対して、海軍陸戦隊は「全身全霊で戦争に備えなければならず、高いレベルの警戒態勢を維持しなければならない」と指示しました。

また、軍のその他の部隊とより緊密に協力して、陸戦隊が統合作戦に「完全に組み込まれる」ようにせよとも指示したとのことです。

中国海軍は、東シナ海で実弾演習を繰り返していますが、これは中国が「分離領土」と見なす台湾への侵攻を想定した演習とみられています。

 

それに対して、約2400万人の人口を抱え、自治を維持している台湾は、中国軍のこうした動きに対抗し、西部の海岸線で敵軍の上陸阻止を想定した軍事演習を行っています。

・・・・・・続きは動画でご覧ください。

 

 




関連記事 :

Related Posts

Top