量子力学、引き寄せの法則と出会い、投資・FXトレードを10年以上研究!動画制作・WORDPRESSを活用したWEBサイト作りを中心に20年以上しています。
KAMIJOU DESIGN STUDIO
090-8882-7499(要・事前メール)
9:00~18:00(年中無休)

フラクタル理論について / チャート分析

フラクタル構造 FX

 

FXのフラクタル理論とは、FXのチャートの動きがフラクタル構造を持つという考えに基づいたテクニカル分析の一種です。

フラクタルとは、全体と1部分が同じ形状を持つという性質を持つ図形のことです。

FXのフラクタル理論では、FXチャートの動きも高値と安値が繰り返されるというフラクタル構造を持つと考えられています。

つまり、上位足のチャートを見ると大きなトレンドが見えますが、下位足で見るとそのトレンドを構成する小さなトレンドが見え、さらに下位足で見るとそのトレンドを構成するさらに小さなトレンドが見えるというように、無限に小さなトレンドが繰り返されていると考えるのです。

このフラクタル構造を利用することで、FXのチャートの動きを予測することができるとされています。

例えば、上位足が上昇トレンドの状態にある場合、下位足も上昇傾向である可能性が高くなります。

そのため、下位足でフラクタルを見つけることができれば、上昇継続を予測することができます。

FXのフラクタル理論の応用

FXのフラクタル理論は、トレンドの予測や反転ポイントの特定などに応用することができます。

トレンドの予測

上位足が上昇トレンドの状態にある場合、下位足も上昇傾向の状態である可能性が高くなります。

そのため、下位足でフラクタルを見つけることができれば、上昇トレンド継続を予測することができます。

反転ポイントの特定

フラクタルは、トレンドが転換するポイントでも形成されやすいという特徴があります。

そのため、フラクタルが発生したポイントは、トレンドの反転を予測するポイントとして注目されます。

具体的には、上位足が上昇トレンドの状態にある場合、下位足でフラクタルが下降方向に形成された場合は、トレンドの反転(下降)を予測することができます。

FXのフラクタル指標

FXのフラクタル理論を利用する際には、フラクタル指標と呼ばれるツールを使うのが一般的です。

フラクタル指標は、チャートにフラクタルを見つけやすくするためのものです。

フラクタル指標には、さまざまな種類がありますが、代表的なものに、ビル・ウィリアムズが開発した「ウィリアムズ・フラクタル」があります。

ウィリアムズ・フラクタルでは、高値と安値の幅の比率を基準に、フラクタルを判断します。

FXのフラクタル理論の注意点

FXのフラクタル理論は、あくまでもテクニカル分析のひとつであり、絶対的な予測精度を保証するものではありません。

そのため、フラクタルを見つけたからといって、必ずしもその方向にトレンドが続くとは限りません。

また、フラクタルは、チャートの形状によっても発生しやすくなります。

そのため、フラクタルが発生したからといって、必ずしもトレンドの転換点であるとは限りません。

FXのフラクタル理論を利用する際には、他のテクニカル分析と組み合わせて、慎重に判断することが大切です。

FXのフラクタル理論のまとめ

FXのフラクタル理論は、FXのチャートの動きがフラクタル構造を持つという考えに基づいたテクニカル分析の一種です。

フラクタル構造を利用することで、FXのチャートの動きを予測することができます。

FXのフラクタル理論は、トレンドの予測や反転ポイントの特定などに応用することができます。

しかし、絶対的な予測精度を保証するものではないため、他のテクニカル分析と組み合わせて、慎重に判断することが大切です。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください