世界遺産「富士山」


march

多くの人達を魅了し続けてきた富士山。

富士山は、山梨県と静岡県に跨る活火山で標高3,776 m。

日本最高峰(剣ヶ峰)の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られています。

数多くの芸術作品の題材とされ、芸術面でも大きな影響を与えてきました。

古来霊峰とされ、特に山頂部は浅間大神が鎮座するとされたため神聖視されました。

噴火を沈静化するため律令国家により浅間神社が祭祀され、浅間信仰が確立されました。

また、富士山修験道の開祖とされる富士上人により修験道の霊場としても認識されるようになり、登拝が行われるようになりました。

これら富士信仰は時代により多様化し、村山修験や富士講といった一派を形成するに至ります。

日本三名山、日本百名山、日本の地質百選に選定されています。

1936年(昭和11年)には富士箱根伊豆国立公園に指定され、1952年に特別名勝、2011年に史跡、2013年6月22日には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録されました。

日本の文化遺産としては13件目。

 




関連記事 :

Related Posts

Top