動画制作・WORDPRESSを活用したWEBサイト作りを中心に20年以上しています。投資・FXトレードも10年以上研究しています!
KAMIJOU ウェブデザイン
090-8882-7499
9:00~18:00(年中無休)

米欧が追加制裁!ロシア銀行のSWIFT排除で合意

SWIFT

米国、英国、欧州、カナダは26日、ロシアの一部銀行を国際銀行間の送金・決済システムのSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することで合意した。

ウクライナへの侵攻を続けるロシアへの新たな制裁措置の一環。 共同声明は、欧州委員会、フランス、ドイツ、イタリア、英国、カナダ、米国の首脳が署名。制裁にはロシア中央銀行の外貨準備に関する規制も含まれ、数日中に実行する。

声明は「われわれはロシアに(ウクライナ侵攻の)責任を取らせる。この戦争がプーチン(大統領)にとって戦略的な失敗に終わるよう、共同で取り組む所存だ」とし、「われわれはきょう発表した措置に加えて、ロシアにウクライナを攻撃した責任を取らせるため、さらなる措置を講じる用意がある」とした。

欧州委のフォンデアライエン委員長は「ロシア軍がキエフやその他のウクライナの都市を攻撃する中、われわれはロシアに巨額のコストを科し続けることを決意している。そのコストとは、ロシアを国際金融システムとわれわれの経済からさらに孤立させるものだ」と述べた。

SWIFTから排除されたロシアの銀行は、世界での金融取引の大半ができなくなり、ロシアの輸出入を効果的に止めることになると説明。「これらの銀行は国際的な金融システムから切り離され、世界で事業を展開する能力が損なわれるだろう」とした。

具体的にロシアのどの銀行がSWIFTから排除されるのかは、現時点では明らかになっていない。 フォンデアライエン氏は、ロシアが「軍資金を使うのを」阻止するとし、中銀の取引を凍結し資産を換金できないようにすると述べた。 さらに「ロシアの新興財閥がわれわれの市場で金融資産を使うことを禁止する」とした。

 

ロシアに対して何もできない国連は何の役にも立たないことを改めて世界に知られてしまいました。

そして、弱腰のバイデン政権はオバマ政権の時と同様に中国やロシアの力を大きくすることに貢献・・・。

そもそもNATOも最終的にどういったビジョンを描いているのか疑問ですし、今回の件でまったく信頼できないことも露呈しました。

このままではロシアや中国みたいな悪い国がやりたい放題の世界になってしまいますので、理想的なシナリオとしては、ロシア国内で正義感のある人たちが立ち上がり、クーデター勃発。プーチンを拘束した後で政権を転覆させ、新しく誕生した政権がNATOに加入。

そして、中国を完全に包囲して弱体化させるというものです。

中国も腰抜けの国々に対して、今だけは力をアピールするチャンスなんですけどね~・・・
「ウクライナに対する侵攻をやめないと我々が助ける」などといって世界に発信すれば、「弱体化したアメリカよりも頼りになる」とSNSで拡散されることでしょう。

いずれにしても、我々日本人も中国とロシアが同様に仕掛けてくる可能性があるという事をしっかりと実感しておかなければいけないと思います。

戦うのか逃げ出すのか?!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください