量子力学、引き寄せの法則と出会い、投資・FXトレードを10年以上研究!動画制作・WORDPRESSを活用したWEBサイト作りを中心に20年以上しています。
KAMIJOU DESIGN STUDIO
090-8882-7499(要・事前メール)
9:00~18:00(年中無休)

損切りとメンタルコントロール

損切りできない

 

FXトレードや、株、仮想通貨などの投資で多くの人が退場していく原因が「損切りできない」というものです。

本能的に「傷つきたくない」「損をしたくない」という感情が、損切りすべき時に判断を鈍らせてしまいます。

しかし、実際には損切りしないがためにもっと傷ついてしまう事が起こってしまうのです。

失うのはお金だけではない

損切りできずに塩漬け状態になると、口座の証拠金はどんどんマイナスになっていきます。

それと同時に新たにポジションを持つ機会を失うかも知れませんし、精神的なダメージが・・・

何日も塩漬け状態になっているとかなりエネルギーを消費するはずです。

最悪な場合は、やけくそになってロットを最大限にギャンブルトレードをしてしまう事です。

・・・このパターンで破産する人も多いのです。

損切り貧乏にならないために

先ほどの損切りできない人に対して、損切りしすぎて資金を減らしていく人もいます。

損切りするポイントを見誤ると損切りした途端に動きが反転したなどという経験をした人も多く存在すると思います。

相場は必ず上下動を繰り返していますので、現在の波は大きなトレンドの波なのか、小さなレンジの波なのかを見極めて、サポートラインやレジスタンスラインでの反発の動きを想定していれば、変なところで損切りすることは最小限にとどめることができると思います。

損切りの考え方

自分が思っていた方向と違う方向へ行き、どうせ塩漬けになるのなら、一度びしっと損切りして、もう一度流れを見極めてエントリーし直したほうが、損失が膨らむリスクや精神的ダメージを小さくする事ができます。

トレードの機会は毎日何度も訪れます。

たかだか目先の数pipsを失くないという「欲」のために精神エネルギーを浪費するのが最ももったいない事だと思います。

基本的なラインとしては、現在1日に稼ぐ事ができる金額を超えるまでに損切りをするというルールを徹底してください。

 

損切りをしっかりとできるようになると、エントリーポイントや利確ポイントも明確になってきます。

多くのトレーダーがどこでエントリーしようとしているのか、利確しようとしているのか、損切りしようと考えているのか・・・

このポイントが集中しているのはチャートのどの部分なのか?!

これが見えてくるとトレードは楽しくなりますよ!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください